スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆『長野県の歴史シリーズ3 図説・上田の歴史』◆

自分がぱっと見て必要そうな部分だけ書いたメモなので、そりゃあ前後つながってないのは当たり前ですね。
・・・もう、出典元さえ分れば充分だという気になってきました。

◆『長野県の歴史シリーズ3 図説・上田の歴史』郷土出版社/尾崎行也、川上元 等◆
----------------------------
滝川が京へ走ると昌幸は信尹に沼田城を奪わせ、自らは砥石城へ移る。祢津氏・依田窪の丸子氏を降し、更級郡村上郷の出浦氏・和田の長井氏ら帰属。
----------------------------
天正十三年閏八月、上田を攻めた徳川軍陣容
大久保忠世、鳥居元忠、信州の保科・屋代・諏訪・依田ら八千。
神川辺りで開戦、陽動に乗り二の丸門で奇襲される。さらに真田支城・丸子を攻めるが失敗。
----------------------------
元和八年十月、幕命で参府した信之は松城への所領替えを命じられる。翌月移封。松城→松代への字変更は宝永年中?
----------------------------
出浦対馬守昌相←何のつもりのメモだこれ;
スポンサーサイト
プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。