スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリット

明日の夜から甲府へ出陣のため、忘れる前に感想をば。

スピリットを観てきました。
実在の武術家・霍元甲を李連杰(ジェット・リー)が演じています。
ブルース・リーが「ドラゴン怒りの鉄拳」で演じたのと同じ役のため、リメイクと間違えてる方も少しいらっしゃるようですが、リメイクではありません。

ただ、実話に忠実かと言われたらソレも違うようで、調べたら霍元甲は病死でした。
毒殺説の下敷きに、日本人の武術家と対戦した後に、日本人の薬売りから買った喀血に効く薬を飲んでから病状が悪化したということがあるようですが。。。
時代的な背景もありますので後に捻じ曲げられたかもしれませんし、真実は分りません。

映画としては、まあ日中では受けそうな感じのすがすがしい内容でした。
難を言えば中村獅童の中国語が思いっきり
「テープ聞いたままを言ってみました」
な感じでズッコケましたが。
まあ日本人役ということを考えれば、許せる範囲内・・・かもしれません。
真田広之や上川隆也はエラかったんだなぁ・・・★
てゆうか、「田中安野」ってそもそも名前がダメだ・・・!(最初聞き間違いかと思いましたよ;)

李連杰はやっぱりさすがで、スタント相手に一拍おいて三節根を振る余裕のこきようでしたネvv
これを最後の武術映画にしたいそうですが、観てちょっと納得しました。
この作品を終えた以上、ただ戦う武術家を演じる必要を彼自身が感じていないのではないかと思います。
作品としては『英雄〜HERO〜』の方が良い出来だしテーマも壮大だと思うのですが、10才になる前から中国で武術のエリート教育を受けてきた李連杰自身のことを考えた場合、この作品のほうがより身近に感じるのは当たり前です。
幼い頃から結果を伴う「強さ」を求められていれば「なぜ戦うのか?」という疑問には何度も直面したと思うのです。
彼にとっては、この映画がひとつの結論ですよね。
次にどういうステップを踏むのか、期待して待ちたいと思います★

あと、ちょおおおおっと気になったのは、字幕。
話の筋に影響を及ぼすほどじゃないですが、ちょっと大げさな表現になってやしませんか。私の気のせいかしら?
中文字幕でも1回観てみたい気がします。
中華圏内から誰か帰国しないかしら・・・(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。