スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐の原氏

『姓氏家系大辞典』角川書店より。
小幡は家系図がテキストには不向きなのですっとばし。

当国の豪族にして、一連寺過去帳に「慶安7年12月6日、持阿(原氏)、長禄2年12月28日道阿(原右衛門四郎)」など見ゆ。
下って原加賀守昌俊あり。一条庄高畠の人也。信虎、晴信に仕ふ。90騎の将也。古戦録、北越軍団などに、国房、胤之、胤元などに作る。最も妄也。身延祖師堂過去帳に「己酉(天文18)5月朔日、蓮朝(原加賀守)」と見ゆ。
その男隼人佐昌胤あり、信州下郷起請文に名押あり。諸記には多く昌勝に作り、また胤長、昌国とも見ゆ。軍鑑に「百二十騎の隊長、外様近習50騎首領」と。天正3年長篠に戦死す。其の古隼人佐昌栄、其の弟隼人佐貞胤(胤勝)、武田滅亡後、越前の車使??(2文字判読不能)衆に加へられる。また羽尾記に「原監物、原隼人」あり。前者は二代目隼人、後者は三代目隼人也。羽尾条参照。一説に此の氏、清和源氏土岐光行の後なりと云ふ。紋桔梗。
其の他、原丹後守る虎常(浄蓮)、弟与左衛門(原朝、天文中、信州海津城二郭守将。古戦録、箕輪軍記、及び北越の記に勝重とす)、その弟惣五郎、一に與九郎に作る。また原三右衛門尉(子孫岩下村)、また原大隈守虎吉あり。中山広厳院天文12年8月8日寄進状に「原半右衛門虎吉(花押)」と。
猶、軍鑑に小姓衆原甚五郎、原おちこ、身延過去帳に「原善三郎(法善)天正10年6月13日、原藤十郎(了清)天正13年7月14日、原出雲守(蓮生)」
天正7年文文書に原新太郎見ゆ。

原美濃:
家紋九曜星、差物は金の半月、永禄7年没。身延過去帳に「正月廿八日」と。
長男彦充当康景(横田十郎兵衛)、横備中守(高松)の継嗣なり。
次男は甚四郎盛胤と云ふ。長篠に死す。

甲州原雑載 羽尾記に「海野中務、第一の娘は原隼人二男原監物妻なり」と。
また甲陽軍鑑 長沼衆に原隼人、一宮元亀3年文書に原隼人佐、第23項の隼人佐也。

力尽きました・・・。字汚すぎだよ自分(アイタタター)。

原おちこってアレですね。大坂の陣が休戦した隙に幸村(信繁)のところに酒もって遊びに来た武田小姓衆仲間ですね。

立ち退き要求に応じない頑固店主と、役所の下っ端が幼馴染。外でパワーショベルが待機してる状況で、幼馴染の下っ端が明日はいよいよだよ辛いねお前も頑張れと酒盛りするのと同じようなものか。(なんだそりゃ)

羽尾はまた今度。
「信之18歳」という記述だけでいろいろ想像逞しくさせられてしまうので、いっそ『羽尾記』ぜんぶテキスト化したいくらいですが、気力と時間が・・・・(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。