スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石河貞清

会議が明日に延びたので(笑)今日も早く帰ってこれました。
よっしゃこの隙にメモメモ続けるかー!

■日本人名大事典I ア−オ/平凡社/1983
石河貞清
備前守。秀吉に仕えて尾張犬山城主。邑12,000石。関ヶ原時には三成に与し犬山城に拠ったが、加藤貞泰・竹中重門ら兵七千余に攻められ関一政(石田軍記に福島正則に作る)の勧請によって開城帰順し、京師に走り(石田軍記に、城を致すのとき拾千五百兵あり、馳せて関ヶ原に赴き三成と会し本多三弥と闘い敗るるに及び朽木谷を経て京師に入るに作る)、龍安寺に入り、妙心寺閤長老に憑り、また大坂に往き、池田輝政に依りて京を請ひ、剃髪して宗林と号し、京師に居た(一説に、のち召されて徳川氏の家人になったと云ふ)/野史。君臣略伝

石河貞信
石河一光の一族。貞清の弟。雅楽助。秀吉に仕えて越前の田邑一万石。関ヶ原の後、光成に与して大谷吉隆と共に北陸道を徇へ、鯖江に陣し、北荘にいたって青木一矩らと軍議をなした。吉隆は小松を経て関ヶ原へ赴き、貞信は越前にあって三成に会し、供に戦山にと海津に至った。たまたま関ヶ原の軍敗れて三成奔ると聞き、潜かに京に入り、剃髪して宗巴と号し、今出川に幽居して終るといふ(野史)

石河一光(太閤記は貞友)
美濃鏡島の人。乳は家光、小字兵助。秀吉に仕えて戦の度毎にて功あり、天正十一年四月、賤ヶ岳の役に従い先登して越兵十数人と闘い、奪兵して戦死(野史)

美濃源姓石河氏(美濃の石河氏のみイシコと読む)
頼朝流石川氏の後なりと云ふ。其の譜に曰く、福原氏の族にして多田満仲二男頼親(大和守)−有光(石川冠者、源太)−頼遠(福原三郎。永禄三年義家の代官となりて奥州に下る。仙道七郡を領して石川郡に住す。初めて石川氏と称す。)−基光−光義−光治(承久三年美濃市櫓沢田成田の地頭となり美濃に移る)−光経−光久−政久−政一−政国−政義−義定−貞継−義頼−義親−有親−有基−光清(駿河守、美濃鏡島城に依る)−光延−光重(伊賀守、秀吉に仕ふ)−光元(紀伊守、播磨国龍野城に移り、五万三千石を領す)−光忠(徳川家に仕ふ。尾張様に属す)−正光−章長−正章−忠章−(享保年中石川を改めて石河とす)−光當−克(竹冠に「涛
」)−光茂−光晃−光凞(美濃駒場一万石)、現今男爵、家紋向鶴、鶴圓

光重の兄光政−貞政(伊賀守、秀吉に仕ふ。後江戸旗下の士となる。寛永十八年系譜を捧ぐるとき正して石河に改む)−貞利−貞代−貞国−貞貴(正章三男、養子)−貞義−貞通−貞大(榊原政敦二男、養子)−貞明(保科正昭二男、養子)−貞昭、家紋向鶴、剣花菱

貞政弟 勝政(土佐守、江戸旗下の士)−利政−尚政−政郷−政朝(章長四男、養子)−政武(正章弟章治三男、養子)−政央−政平−政徳、家紋向鶴、剣花菱

新撰志厚見郡鏡島村条に「古城跡は市場にあり。城主は石川駿河守光清(法名三関)はじめてここに住す。走れ多田満仲の子大和守従四位下源頼親の末孫にて世々当国の湯住人也。其子石川某(法名は江雲)家を継ぎて、ここに住す。

其子杢兵衛光信(法名養徳、信長公に仕えて鏡島に住す)、その子杢兵衛、光政まで四代鏡島の城代なり。その子伊豆守貞政の子孫、また貞政の弟土佐守勝政の子孫とも。今御旗本にて関東に奉仕す。光政の弟伊賀守光重、その子紀伊守光元、是れ名古屋の老臣石河鏡島家の先祖なり。」と。また石河氏館は村うちにあり。石河氏は清和源氏の裔孫也。頼親十代加々島杢兵衛光信、信長公に仕えて加々島村に住す。其の子杢兵衛光政、秀吉公に仕へ、同所に住す。光政の弟光重石川伊賀守と名乗り、秀吉公に仕ふ。其の子紀伊守光元、秀吉公に仕え播磨龍野城主となる。後裔源敬公の御?(判別不能1文字)屋となり、名古屋の郭内に第宅を賜ふ」と。

な・・・・長かった・・・・・・・バタリ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。