スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ

本棚からひらりと落ちてきた謎のメモ。


右端
→文聰院殿鴨若一教大居士

真ん中
→享保十二丁未年五月十(廿?)十七日
 真常院殿金山一提大居士


・・・・・・・・どこかのお墓のメモだろうとは思うんですけど。

さすがに戒名をいちいち覚えてるわけではないので、
また調べないと、誰の戒名かも分からないですね;
こゆ時にこそDBにしとけば便利なんですよね。うう頑張ろう。

しかし享保年代のお墓か・・・・・・・・・・心当たりゼロ(泣)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こないだ行ったとこです(苦笑)

数年前まで奥さんに頼まないと配置図見せてもらえなかったんですが、今年からそれぞれお墓の前にどなたのお墓か看板が立ってて驚いたトコロですよ(笑)
しかし、長国寺はこんな並びじゃなかったような気がする。。。
て事は、墓碑銘でしか確認できない高野山のお墓の可能性が高いですね。
(高野山にも代々藩主のお墓があるので)
1度図に起した記憶があるのにどこにしまったか記憶がないので、確認はまた今度しときます;;

あ、松代は貧乏だったので、3代目以降廟所ないんですヨ~。

今眠りし地は...

あっ、一文追加し忘れていましたね...
松代の「長国寺」に皆様、お眠りのようです。
お彼岸には来なかったから(?!)「ちょっとおいで」
って事かもしれませんね。

右端とか真ん中ってのは、廟所の位置とかなんじゃ
ないでしょうかね。

感謝!!

おおお有難うございます!!!
書いてみるもんですね、謎のメモ(笑)
正直、このメモを見つけたときは「だ、誰ーーーっ?!」と混乱したので。

しかし、右端と真ん中ってなんだろう・・・?(書いたん自分や)
どこかの墓場でそーゆー位置関係になってたんでしょうかね。
3代目と8代目が並んでそうな墓場といえば、松代と高野山くらいでしょうけど・・・墓参りに来いということかしら・・・・。

幸隆候の後胤

大蛇丸様
見たら気になり調べたくなる性分なので、やってみたら...
「真常院」とは...
松代真田家3代目当主・伊豆守幸道候
・・・安房守昌幸の曾孫にて内記信政が6男。
父君の死去に伴い2歳で家督相続。
享保12年5月27日に死去,享年71歳。
正妻は伊予宇和島伊達家2代目当主遠江守宗利。
...かと思われます。

そして、もう一つ「文聰院」とは...
同じ松代真田家8代目当主・信濃守幸教候
・・・(系譜上)松平越中守定信が曾孫で、松代真田家8代目当主・信濃守幸貫が孫。
父・豊後守幸良が家督を継がずに死去した為に嫡孫となる。
天保6年2月に生まれ。
慶応2年に養嗣子の幸民(最後の松代城主)に家督を譲り、明治2年10月に35歳にて死去する。
佐久間象山仕官時の松代城主でもある。
...かと、思います。

ちょい簡略ではありますが、調査結果をご報告します(/^^)

プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。