スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝★幸隆さん登場!!

一体自分が第何回の感想を書いてるのか、早速わからなくなってきてる大蛇丸ですコンニチワ。
仕方ないので公式サイトで調べてみました。

第1回 「隻眼の男」--------山勘登場
第2回 「さらば故郷」------渡る世間は鬼ばかり
第3回 「摩利支天の妻」----ちょっといい雰囲気
第4回 「復讐の鬼」--------ミツ死亡後
第5回 「駿河大乱」--------花倉の乱
第6回 「仕官への道」------氏康登場
第7回 「晴信初陣」--------幸隆さん登場
第8回 「奇襲!海ノ口」----今日放送分


・・・えーと、とりあえず幸隆さんだけ書きます。

誰も突っ込まないでしょうが、登場の頃幸隆さんは24、5歳です。
めっちゃ若ーっ!!
いやあ、自分よりも年下の幸隆さんを見られるのはきっと最初で最後の機会に違いない;
まだ苦労をしていないぼっちゃま時代ですよ(興奮)
佐々木氏もその辺意識されてたのか、随分声を甲高くして溌剌とした感じに演じてはりましたね。

やった事いうたら妻自慢とお国自慢くらいしかしてない気もしますが(笑)
とりあえず好感度は抜群!よし!!!
「幸隆って誰?」とか言われて寂しい思いをせずに済むよう知名度UPに貢献して欲しいです★
奥様がまたいい感じでvv
妊娠中…ですよね。あの腹の中に信綱がいるのかと思うとニヤニヤしてしまいます。

第一印象は最悪だと思われた山勘が、久しぶりに優しくされちゃったもんだからすっかり手懐けられてるし(笑)
これで子供達生まれたら一家総出で山勘のオアシスになるのですね。
うふふふ・・・・・早く入り浸れ山勘・・・・!!

春原兄弟が家臣で出たのには感心しました。
ちゃんとルビまで振ってあるしね!
たまにハルバラと間違えられてて気の毒なんですが、あの一族はスノハラです。
砥石攻めに山勘からめる伏線かな〜と多分日本でごく僅かな人しか考えない心配をしています。

あと、砥石方面を映した映像は現在の真田本城跡から砥石方面を臨んだ景色でした。
て事は、今いるのは松尾城じゃなくて真田本城て設定なんですね。ふうん。
一瞬で分る自分もどうかと思いますが、電柱1本位ケチらずにCGで消して下さい国営放送様。

気になって仕方ないのは神川がとてつもなく広かったことでしょうか。
千曲川ですか??!!っていうくらい映像では水量豊富でしたが、実際当時はどうだったのかな?
今は小川です。

またしばらく真田オアシスは出ないと思われますが、再登場が待ち遠しいです!

>私信
慌てて携帯メールで「信綱が妊娠中」とか送られた友の方々スイマセン。
後で冷静に読み返したらどー考えても誤解される文章だった(爆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごぶさたしてました

レスが遅くなりまして大変失礼いたしました。
忙殺という言葉の「殺」を否応なく体感する状況をようやく脱出してきました。朝日を拝む程ではなかったのが唯一の救いかもしれませんが、気付けば2ヶ月で3日しか休んでなくて、軽く身体を壊しました・・・。まあ無休て人もいるので私はだいぶマシなほうです。

>哲坊さま・紋次郎。隊長
まとめてごめんなさい;;
やっぱり合戦シーンが多い大河は面白いですね。お茶の間のお父さんに人気らしく、国営放送様の狙いは当たったかなと思います。真田また出てきますよー!

>石野真琴さま
松尾城、そーでしたっけ。確かに私が意図してたのは現松尾古城と呼ばれている場所と真田本城跡と呼ばれる場所のことです。あやふやな記憶で書いてるので表現が分かりにくくてスイマセン;しかしどっちにしてもあんなに真田の城はでかくないだろう、と画面に向かって突っ込んでました。

今年はこのブログから目が離せない!(爆)

>祝★幸隆さん登場!!

そなたの感想を心待ちにしておったわぃ。(笑)

>真田本城跡

儂も2~3度訪れておるので儂にも分った。
でも…電柱までは気付かなかったわぃ。。。

そなたの執念恐るべし!(笑)

>妊娠中…ですよね。あの腹の中に信綱がいるのかと思うとニヤニヤしてしまいます。

ひぇ~~~~
果たして、そんな見方をした者が他に居るのじゃろうか…(笑)
オロちゃんに信虎が降臨したかと思ったぜ。(爆)

寒川は神川です

 ごめん、変換間違えです。

松尾城は松尾古城ではない

 こんばんは、大蛇丸様。
 一つ勘違いされておられるようですが、松尾城と松尾古城は違いますよ。
 真田幸隆が終生愛したのは真田本城を含む真田地域全域で、この時代にはこの幾つかの城がある地域を、松尾城と呼ばれていたと想像されます。
 
 寒川は・・・?でしたね。千曲川と勘違いしたのかも知れませんが、あんな大河なら、真田の領地は今の数倍は広かったでしょう。
 寒川という小川が、歴史を掛けて削った地が、真田の本領ですよね。

 海野も出して欲しいけど・・・天文10年の海野攻めは、たぶんナレーションだけでしょう。晴信も勘助も関わっていないから・・・。
 電柱は気が付きませんでした。その内もう一回見てみようかな。

Unknown

先週でしたが、幸隆登場おめでとうございまする。
確かにあんなに若い幸隆を観られるのって、
かなり貴重なドラマかもしれないですな。
佐々木蔵之介氏もなかなかの好演ぶり。
今週の海ノ口攻めは、なかなか手に汗握りました。
勘助も泥臭くて、今後の展開が楽しみですな。

それにしても電柱一本映ってたって…?
場所もそうだけど、ホントよく気がつきますなあ。
あとで先週の分の録画、見返してみます(笑)。
プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。