スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田信之、承応二年(1653)8月18日の献立

『真田家御事跡稿』「大鋒院殿御事跡稿」巻十に掲載されています。
編纂者・河原綱徳の七代祖父にあたる河原右京正永の代に書かれたもののようですが、承応二年(1653)8月18日の献立 ということ以外、食した場所などは不明。綱徳自身は、江戸ではないかと推定しています←魚の豊富さからいっても信州とは考えにくいのは確か。

「御光駕」と題されてるので、信之が河原邸へ遊びに行った際の献立と思われます。
しかし、普段はこんなに豪奢なお食事ではなかったような気がしてならない(笑)。


  1. 本膳

    • 杉焼 たい、あわひ、あかゝひ、みかくい、きんあん、くるみ、さんせう、ゑんす

    • 御汁 しめち、ねふか(白ネギ)、たうふ、なすひ、すりさんせう

    • 御めし


  2. 第二膳

    • 焼物 鮭、ふかけて、ゆ(湯をかけた鮭のこと?)

    • 御汁 鱈

    • 和物 さゝけ、きんのこおけナ


  3. 第三膳

    • 盛こほし(たたしきんのおりちりみナ) ゑひ、きす、やき鳥、かまほこ、ゑたさんせう

    • 御汁 とろゝ、あをのり、くり、せうか、もつく、こせうのこ、花かつを


  4. 御向詰 小鯛

  5. 御引物

    • 浜焼 鯛、くり、せうか、花かつを、こせうのこ

    • 煎鳥 鴨

    • 指身 鰹、鯉、煎酒、わさひ、からしす

    • 香物 いろいろ

    • 煎松前 茄子、さんせう


  6. 御吸物 しちみ

  7. 御盃台

  8. 御肴

    • からすみ

    • たいらき

    • のしもみ

    • なまりふし

    • のり

    • 水栗、梨

    • ゑひ


  9. 御茶菓子 わらひ餅、みつつけ、川たけ

  10. 御菓子 ふたう、かき、やき栗、なし、打栗

  11. 杉重 あるへいたう、まんちう、やうかん、すわま、もろこし餅

  12. 後段 なんはん餅、そはきり

  13. 御吸物 小ゑひ

  14. 御肴 色々



こうして見ると、全部一口づつ程度だとしてもけっこうな量を食べてたのね、信之兄上(笑)。
個人的には海老が多用されているように思います。信州まで海老が入ることは珍しいはずだから、やはり綱徳の推察通り、江戸でのメニューと考えたほうがよさそう。

よく分からなかったのは 6.七味のお吸い物。・・・他の具は・・・?※後日てんすい様より「しじみ」ではないかとのご意見を頂きました。なるほど~しじみ汁なら他の具がないのも納得!
加工食品の豆腐・かまぼこ・そばきりがあるのに注目。本膳の御汁はおいしそうなんですが、第三膳の御汁は・・・とろろと青海苔とモズク・・・すんごいどろどろでしょうね;
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

大蛇丸

Author:大蛇丸
真田氏と武田家臣団が好きで、資料まとめと史跡巡りをしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

彫銀 (ホリギン) 大判家紋ジッポ 家紋:武田菱 KW-ZI-4

戦国傘 武田信玄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。